スポンサーリンク

会える日が楽しみで仕方ない国際遠距離〜やっとアメリカに行けることに〜

国際恋愛
スポンサーリンク

交際1ヶ月そこそこ(福岡と沖縄)を経て日米遠距離恋愛に突入した2018年7月。こんなことになるのも米軍の男と付き合う宿命だもんね、なんて言い聞かせながら頑張る覚悟を決めた私。

相手のことが好きだったし、何よりなぜか「今回はイケる気がする!」と思っていました。今思えばすごく怪しいred flag(英語で言う、ヤバい兆候みたいな意味)はたくさんあったのに、見えていなかった(か、見ようとしていなかった)

「遠距離ってやっぱりしんどいな、日本とアメリカって時差もあるし。」

付き合ってすぐに国際遠距離になってしまったので、やっぱり不安は大きかった。 でもそれより何よりJ氏のことを信じていたので、この遠距離頑張って実らせよう!なんて夢みたいなことを本気で思っていました。

30代後半に差し掛かっても私はバカだったんだろう。 国際遠距離恋愛って、コミュニケーションが全てだと思うんですよ。

今はねLINEだってFaceTimeだってiMessageだってSkypeだってなんだって無料で使えるんだし、その気があれば連絡はきちんと取れる。それが出来なければその理由は2人のどちらかが、連絡を取ることにあまり積極的ではないということは明らかです。

私はこのとき、「別に毎日電話なんてなくてもいいし大丈夫」と思っていました。というか、思うようにしていたのかもしれませんね。

彼はアメリカにいたし、時差もあるし仕事もあるし、メッセージはほぼ毎日送られてきてたから、とりあえず大丈夫だと信じようとしていました。

heart-3042975_640.jpg

そして、遠距離が始まって1ヶ月くらいが経過した時、「10月頃にアメリカに来ない?」って言われたわけですよ。 10月には彼の誕生日もあったので、もともと行けたらいいなと考えてた私は、「もちろん行きたい!」と言い、そこから渡米の計画を立て始めたのです。

距離恋愛のいいところは、二人が会えるときがすごく特別で大事に思えるところ。まさにこの計画を立ててた頃、私は本当にJ氏とのアメリカでの日々をすごく楽しみにしてたし、そのために色々仕事も頑張りました。

フリーライターの私は、毎月それなりに締め切りに追われます。でも、せっかくの彼との時間を仕事に邪魔されたくない!と10月から11月にかけての1ヶ月をフリーにすることにも成功したんですよ。

アメリカで過ごすハロウィンや、J氏の誕生日のことを考えてワクワクしてたな。

旅はたくさんしてきた私だけど、アメリカは初めてだった(ハワイやグアムは別として)のもありかなり楽しみにしていました。

 

つづきはこちら。

雲行き、一気に怪しくなります。

多くの人が経験する「彼氏と音信不通になる」恐怖!国際遠距離でこれは不安すぎる・・
音信不通。付き合っている相手と連絡が取れなくなるって一体どういうことなんでしょうね。 しかも相手は遠く離れたアメリカにいるわけですから、連絡だけが唯一の繋がっていられる手段。これがあやふやなようでは恋愛はうまくいくはずもありません。 ...
Twitter・インスタお気軽にフォローくださいね!↓↓
フォローいただける方はコチラからお気軽にどうぞ♡
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
国際恋愛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローいただける方はコチラからお気軽にどうぞ♡
ココエスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました