スポンサーリンク

これさえやれば彼氏からの連絡にこだわらなくなる!不安解消3つの鍵

国際恋愛
スポンサーリンク

このページを開いた多くの方はきっと「彼氏からの連絡が来なくて気になって眠れない」と不安でいっぱいなのではないでしょうか。

恋愛において、コミュニケーションは最も重要です。

遠距離においては、連絡が取れなければコミュニケーションがゼロになるため、何としてでも頻繁に連絡を取りたいと思うのは自然なこと。

ここでは、私自身が日々努めて意識している「不安解消方法」を3つ紹介します。

「なんで電話にでないんだろう」

「なんでLINEの返信がないんだろう」

そんな不安な気持ちが確実に軽くなるはず!

ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

彼氏と連絡が取れない理由について整理!

そもそも、なぜ彼はあなたの電話にでなかったのでしょう。

もしくは、メールの返信さえしなかったのでしょう。

ここでは、本当によくある「連絡が取れない時の理由」について整理していきます。

 

仕事で立て込んでいた

結構多いのがこちら。

仕事が忙しく残業していた、もしくは帰宅しても家で仕事のことを考えていた、などであれば、彼女からの連絡は一旦放っておくのが男性。

もちろん全員がそうではありませんが、かなり多くの男性は仕事で一杯一杯になったら彼女の連絡を放っておくことが多いのです。

携帯を見ていなかった

四六時中携帯を見て過ごす人はごくわずか。

お風呂に入っていたり、家でテレビを見ていたりすれば、そのときに携帯を見ていないことだって当たり前にあります。

そのときにたまたまあなたが電話した、LINEした、となれば応答なしでも仕方ありません。

 

寝ていた

寝ている時にも音量MAXで枕元にスマホを置いている人もいるかもしれませんが、大抵の場合寝ている間の着信には気づきません。

いつも1時ごろまで起きている彼でも、疲れていれば10時ごろに寝落ちてしまうことだってあります。

 

スポンサーリンク

ではなぜ彼はすぐにかけ直してこないのか?

彼が電話に出ないことがあったとしても、気づいた時にすぐかけ直してくれれば安心しますよね。

でも、きっとこれを読んでいる多くの女性は、「掛け直しても来ない!」「こんな長時間着信に気づかないとは考えにくい」と悶々としていることでしょう。

確かに、イラッとします。1分電話できればいいのにその1分を彼が作ろうとしないのですから。

ではなぜ彼はすぐに電話をかけ直してこないのか、LINEの返信をしてこないのかについて考えてみましょう。

その理由は下記の2つのうちどちらかです。

 

忘れていた

あとでかけよう!と思っていて本気で忘れてしまうことがあるのが男。

女の私たちからしてみれば、「いや、忘れるとかありえないでしょ」と思いますが、ありえるんです。

夜の電話に気づかず朝着信を見た彼が、ちょっとゲームしてからかけなおそう、などと思ってそのままその日電話を全くかけずにいる、なんてことだって現実いくらでもあります。

 

気分が乗らない

彼女と話す気分ではない、というのもあり得ます。

この場合、「え?話したくないってなんなの?」と思うかも知れませんが、そういうことではありません。

こういうとき、男は基本

・仕事のことで頭がいっぱい
・疲れていて誰とも話す気分じゃない
・一人でリラックスしたい
などと考えています。
別にあなたのこととは関係のないことで「話す気分じゃない」と思っているので、心配することはありません。

 

スポンサーリンク

連絡がちょっとこないからって不安になる必要が皆無なわけ

もしも丸1週間連絡が取れない、1ヶ月全く返事がない、とかなら別です。

ここでいう「連絡が取れない」というのはほんの1日や2日の話。

いつも毎晩話すことを日課にしているカップルが「今晩彼から電話がなかった、かけても出ない」などの場合の話をしています。

こんなとき、不安になる必要は基本的に全くありません。

なぜなら、ちゃんとそこに理由があるからです。



理由①男性の気持ちはそう簡単に変わらない

男性はとてもシンプル。

一度しっかり気持ちが強くなれば、その愛情は簡単に消滅することはありません。

いきなり冷める、というようなことは確率的にものすごく低いのです。

逆に女性の方が心変わりはしやすいです。

ちょっとしたことで気持ちがぐらつき、「もう別れた方がいいのかもしれない」なんて極端な考えが浮かぶことがあるのが女性です。

男性はそんなふうに突然思うこと自体が基本的にないのです。

理由②男性と女性では流れる時間の感覚がちがうだけ

男性が忙しい時、時間は音速で過ぎ去っていきます。

一方女性は忙しくても彼のことを考えたり、電話がかかってきそうなタイミングに彼を思い出したりすることができます。

実際私の彼も、だいぶ前に3日間連絡をよこさなかったことがありますが、その後話した時「ごめん丸一日電話してないよね、めっちゃ忙しかったんだ」みたいなことを言いました。

いやいや、3日間だよバカヤロウ!と思いましたし、結構びっくりしましたけどね。

結局、男性って余裕がないんですよ。

ちょっと何かであたふたしたら、彼女のことは完全に頭から離れてしまいます。

男性と女性では時間の流れ方が違う、そう思うのが一番正確な気がします。

 

理由③あなたを信用しているから

彼の方があなたを信用していて、彼自身も何もやましいことがないからこそ、「彼女を忘れるくらい忙しくなることができる」のです。

女性の場合は、「彼氏を忘れるくらい忙しくなる」ということがあまりありません。忙しくても女はマルチタスクの生き物ですから、彼のことを忘れる必要がないのです。

そして、これだけは絶対に正しいと言えるのですが、やましいことがある男性は逆に連絡がまめ。

なぜなら、電話やメールなどを怠れば彼女が不安になって何度も連絡してくる可能性があることを知っている男性は先手を打つからです。

もしも仮に浮気をしているとします。

それならなおさら、「先に一本電話しておこう」となり、あなたを信用させるため、ちょっと時間を作って連絡をしてくるわけです。

やましいことがなければ、「連絡がないくらいで浮気を疑われる」なんて夢にも思いませんから、彼女にあらかじめ忙しくても連絡をしておくなんて考えに至らない、というわけです。

スポンサーリンク

彼に愛されているか不安になったらやるべき3つの不安解消法

ここまでで、「まあ、たしかに大したことじゃないのかも」と多少不安が薄れたのではないでしょうか。

ここからは、彼から連絡が来なくて不安になるときにやるべき3つの不安解消法について紹介します。

 

彼とのこれまでを振り返る

きっとあなたは、昨日、もしくは1週間前に彼と話した会話において、

「ああ、この人私のこと本当に好きなんだな」

「こんなに愛されているって幸せだな」

と感じたことが何か一つくらいはあるのではないでしょうか。

ちょっとしたことで良いのです。

今、思い出してください。

それからどのくらい時間が経っていますか?きっとほんの数日ですよね?

そんなに想ってくれる彼があなたを急に「どうでもいい」なんて思うはずがないと思えてきませんか?

今あなたが不安で苦しい思いをしていること自体が、本当にただの取り越し苦労であって、そこに何も問題がないのです。

とりあえず、これまで築き上げてきた彼との関係や彼が言ってくれた言葉を信じて心を落ち着かせてみてください。

本を読む

本は良いです。

特に、恋愛引き寄せ系の本は不安解消において効果的。

信じるものは救われると言いますが、本当にその通り。

彼をほんの少し連絡が取れないくらいで疑っていたら、せっかくの関係が崩れてしまいます。

こんなときは読書に没頭しましょう。

だんだんと夢中になってしまえば、とりあえずそのときだけは彼のことを心配せずに済みます。

おすすめの本をいくつか挙げておきましょう。

↑男性と女性の違いを理解するのにふさわしい一冊。私も何度も読みました。

 

↑こちらは数年前に私がどん底にいた時に救われた最高の本。全てが自分の思い通りにいくんだと思わせてくれる本です。

 

スマホから離れる

結局連絡を待っている間はスマホを常に握りしめている状態になってしまい、精神的によくありません。

ベッドに携帯を持ち込まないようにしましょう。

家にいる間も携帯を別の部屋に置くなりして、スマホ離れを意識してみてください。

執着すると、余計願望は叶いにくくなります。

自ら一旦離れる、ということをすれば不思議とその目的となるもの(ここでは彼からの連絡ですね)が手に入ることってとても多いんですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

ちょっとは気持ちが軽くなりましたか?

大丈夫。男は簡単に好きになった相手を手放そうとしたりはしません。

彼はきっとすぐに何事もなかったかのように連絡をくれるはず。

信じましょう。

そして、どうしても眠れない!というときには電話占いを試してみるのも効果的。

客観的に聞いてくれる人がいるだけでも救われますし、アドバイスももらえます!

ぜひ試してみてくださいね^^

 



 

Twitter・インスタお気軽にフォローくださいね!↓↓
フォローいただける方はコチラからお気軽にどうぞ♡
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
国際恋愛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローいただける方はコチラからお気軽にどうぞ♡
ココエスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました