スポンサーリンク

ここが踏ん張りどころ!遠距離恋愛は浮き沈みにどう対処するかにかかっている

国際恋愛
スポンサーリンク

彼氏の連絡頻度が減った電話しても楽しくなさそう寂しいのは私だけっぽい‥

遠距離恋愛の悩みは尽きません。私ももうすぐ交際まる3年が経過しようとしている彼がはるかかなた(アメリカ)にいるので、やっぱりしんどいときはもちろんあります。

今回は、遠距離恋愛に疲れた、もうこんなに辛いならいっそやめてしまおうか、なんて自暴自棄になってしまっている方に向けて、遠距離恋愛の浮き沈みをどう乗り切るかについてお話しします。

スポンサーリンク

「私がこんなに寂しいのに彼は寂しくないっぽい」について

別に男性心理についてここで事細かに書くつもりはありませんし、私はなんのエキスパートでもありません。

でも、やっぱり遠距離恋愛においてよくありがちなのが「彼は平気そうだけど私は寂しくてたまらない」という悩み。これについて少しお話ししておきましょう。

私の彼も割といっつも平気そうで、私もたまに思うことはあります。「この人私なんていなくても大丈夫なんじゃない?」と。

でも、実際はそういうことではない場合が多いんじゃないかなって思います。大前提として、

・男は弱音を吐きたがらない
・特に彼女には常にたくましい男でありたい
・そもそも仕事>恋愛
・男はシングルタスク(ひとつのことしか同時にできない)

という男ならではの特徴をまず理解しておかないといけませんね。

 

女性と男性の考え方の違いがすっと理解できる本。大好きな本で原文(英語)版も日本語版も両方読みました。だいぶこれのおかげでモヤモヤが減りましたよ^^

寂しいと思うことがあっても、「会えなくて寂しいよう・・」なんて電話の向こうでいつもメソメソしている彼だったらどうですか?私なら結構引きます。

そして、もしあなたの彼が忙しい人だったり、趣味や仕事で常に暇なくフル稼働していたりするなら、本気であなたと会えないことを寂しいとそれほど思っていないかもしれません。

 

でも、それはあなたに対する愛情がないわけではなく、あなたのことを想いじっくりと考えるような時間がないだけ。だってシングルタスクの男たちには、常に何かで忙しければ、あまり他のことは考えられなくなるから。そういうもんなんですよ。

あなただけが寂しいと思っているような気がする気持ちはわかります。でもここであなたが不安なのは、「彼にそれほど愛されていないのでは?」「もう飽きられたのかも」とかそう言うことだと思うんですよ。

別に「彼にもさみしいさみしいって言ってほしい」というところがゴールではないですよね。

愛されているのであれば問題ないわけですから、その点で言うなら「最悪本当にあなただけが極端に寂しがっていたとしても、たいした問題ではない」ことになります。

寂しく思う=彼女を強く想っている、とは限らない。このことを頭に入れておいてくださいね。

スポンサーリンク

遠距離彼氏を他の女性にとられたくないと躍起になる前に

私もそうですが、自分の彼のそばに仲の良い女友達なんかがいればそれは絶対気になりますし、控えめに言ってすごく腹立ちますよね。

私の彼はミュージシャンです。仕事で女性と一緒に撮影することだってあれば、仕事仲間に女性がいることだってもちろんあります。

気にならないと言えば嘘になりますが、ひとつ気をつけていることがあるとすれば、それは「勝手な妄想で暴走しない」こと。

あなたが今「彼氏に他の女がいるのかもしれない」なんて思っているとして、そのほとんどのケースはあなたの頭が作り上げた妄想だと思うんですよね。

いや、確かに完全に怪しいような素振りや何かの証拠を掴んでいるなら別です。でもそうでないなら、おそらく

 

mayu

最近電話に出てくれないことが増えた→女がいるのでは?

mayu

電話しても上の空っぽい、浮気してるのかも‥

こんな感じだと思うんですよね。大体の場合は。気持ちは分かります。

でも、妄想で彼を責めたり、嫌味っぽい言葉を遠距離の彼に吐いていたら、それこそ彼の気持ちが離れてしまいかねません。こちらの方がよほど恐ろしいことだと思いませんか?

そして束縛したいがあまり「家に帰ったら寝る前に電話して」「朝起きたら電話して」などと連絡を強要してしまうっていうのもありがち。

 

 

でも、結局浮気なんて、どれだけ束縛したところで隠れていくらでもできることなんですよ。朝起きて電話してきても、もしかしたらそれまで女性とお泊まりしていたかもしれないし。

寝る前の電話だって、その後女性が家にきたかもしれないし。

ひどいことを言うようですが、ありえない話ではないんです。

何が言いたいかと言うと、「遠距離彼氏を完全に見張る(コントロールする)のは不可能」だということ。

結局信頼しかありません。そして信頼できなければ遠距離恋愛の成就は難しくなってしまいます。

スポンサーリンク

自分のケアをして不安解消を試みる

遠距離恋愛に疲れるときは大抵、何か他のことでもうまくいかなかったり、疲れていたり、そんなときではないでしょうか。

こういうときに必要なのは、自分を可愛がることです。

「いや、彼のことで悩んでるのに?」

と思ったかもしれません。でも結局は自分の作り出した不安やネガティブ思考に振り回されているだけだとしたら、自分のケアをする必要があるということになるのです。

ちょっとだけ彼のことを棚に上げて、あなたのことを考えてみてください。

・あなたは自分で自分を追い詰めようとしているだけ

・本当は何も問題なんてない

ということがだんだんすっと腑に落ちてくるはずです。

気乗りしないかもしれませんが、友達とでかけたり、美味しいものを食べたり、気になっていた映画を見に行ったり、そういうことをしてみてください。

遠距離彼氏からの連絡を待ち続けるだけの毎日に一旦ストップをかけるのです。

なんならこの日ばかりはスマホをなるべく放っておくのも名案!

彼の方が「あれ?電話でないな、なんでだろう」と思うかもしれませんが、それでいいのです。後でかけ直せばいいんだから。

リフレッシュしたり、自分の好きなことをしたり、「自分軸」で1日を過ごすことで、心のバランスが取れ始めてきます。

ちなみに私はこういうとき、大体海や山にドライブに出かけます。もしくは一人映画。1泊とかでササッと旅行に行くのもアリです。

あと、すっごい明るいうちから自宅のお風呂にゆっくり浸かる。っていうのもおすすめ。

これだけでびっくりするほど疲れとか気持ちのモヤモヤが軽減されます。

 

きき湯の入浴剤、香りもよくて炭酸効果でシュワっと気持ちが良いので愛用。お値段もお手頃なのでぜひお試しを。

 

大事なのは、不安を彼にぶつけるのではなく、自分で一旦解消するように努めること

彼の方も何が不安なのか分からないのに、「不安なの!」と泣きつかれてはウンザリしちゃいますからね。

大丈夫です。ひとりでも不安はある程度解消できますし、その日のメンタルの調子なんかにもよるので、放っておくだけでよくなることも多いです。

つまり、「たいしたことない」のです!

スポンサーリンク

遠距離恋愛は女が男をどれだけ放っておけるかにかかっている

男は結局、常に追いかけられていると逃げ出したくなりますし、相手が離れていこうとすればいきなり追い始めます。そんな生き物なのです。

彼が友達と飲みに行くと電話で言ったのなら、「オッケー楽しんでね!」で笑顔で見送ればいいのです。

誰と行くの?くらいは聞いてももちろん普通ですが、あれこれ詮索しない方が絶対にいいです。

「今日仕事が終わったら電話するね」って彼が言ったのにかかってこない日があったら、「まあ疲れて寝たんだろうね」と解釈していればいいですし、大体本当にそうです。

彼は彼自身の選択で、あなたの恋人でいるのです。

このことってすごいことだと思いませんか?こんなに離れているのに、それでも私と一緒にいたいんだ。そう思ったら心があたたかくなりませんか?

遠距離恋愛って、考え方次第ではとても合理的でメリットの多い恋愛のスタイルだと私は思います。

会えない時間を自分自身の成長に費やすか、彼に会えない寂しさに苦しむ時間に費やすかもあなたの選択です

遠距離に疲れたと思ったら、一旦彼のことを放っておいて、自分中心に時間を使ってみましょう。

きっと「もうさみしくて嫌だ!」と思う気持ちは一時的なものです。それを定期的に受け流すことを繰り返しながら、遠距離カップルはうまいこと折り合いをつけていくんだと私は思っています。

だいぶ前に男性の占い師のおじさまが私にこう言いました。

「だいたいね、女の人は放置するってことができないでしょ。あれができれば壊れずに済んだ恋愛関係はすっごくたくさんあるよ。放っとく。そしたら男は帰ってくるから」

納得!

放っておくって難しいですよね。

でも放っておくことで勝手に全部うまくいくなら、いちいち彼に不満や不安をぶつけず一旦放っておく方が良いに決まっているのです。

スポンサーリンク

まとめ

遠距離恋愛に疲れ果てたという女性の多くが、自分の妄想に苛まれているケースがほとんどです。

妄想でかけがえのない彼との関係をぶち壊したらもったいないですよね。

何もこれといって問題がないのに、「漠然とした不安」を抱えて疲れてしまっているなら、まずはあなた自身のケアです!

彼のことは放っておいて、腹抱えて笑えるような、そんなハッピーでポジティブな1日を過ごしてみてくださいね。

きっと大丈夫、どうにかなります♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました